キャリア採用サイト

MENU

仲間と一緒に必死に
動いて考えて捻り出す
…何物にも代えがたい

白橋 徹也TETSUYA SHIRAHASHI

リサーチ&コンサルティング ユニット3
ユニットリーダー

入社年度:2015年入社
前職:総合物流企業

当社を選んだ理由・当社でどんなことがやりたいと思ったのですか?

実物流業者とは異なる第三者(利害を共にする立場でないという意味では、半分外野としてですかね)として、荷主や業界の物流と長いスパンで付き合いたいと考えたからです。

前職では、総合物流企業に所属して一通りの物流現場経験を経た後に、数多くの荷主のもとで様々な物流スキームの提案・構築やその後の円滑稼働維持・業務改善に注力していました。が、事業会社ゆえに失注(=競合他社への業務の流出)したらそれで最後、「その先」の物流スキームがどれほど優れたもの(or 劣ったもの)に変わったのか?荷主にとってどの様なメリット(or デメリット)が生じたのか?等を知ることができない事に歯がゆさを感じていました。当社ではきっと「その先」を見渡すことが出来るだろうと思い入社しました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

現在の役割は、コンサルティング業務と主に海外系の調査業務を行う部門の責任者です。具体的には部門業績管理(収支予算の達成、他部門との協調・案件獲得等)、メンバー管理(勤怠、労働状況の把握と調整等)、受託案件に対するプロジェクトリーダー・メンバーの決定、各プロジェクトの進捗管理が中心業務となります。総勢20名程度の部門ですが、それぞれが百戦錬磨、個性は勿論、経歴も得意分野も異なり、良い意味でなかなか面白い部門です。

どんなところにやりがいを感じますか?

少し抽象的になりますが、今の世の中、知りたい事や欲しい情報というのは、その大半が書籍やネット上或いは個々人の頭の中等、どこかには転がっていて手に入れる事ができますが、残りの簡単には得難い部分を、仲間と一緒に必死に動いて考えて捻り出し、それが顧客に刺さる示唆や施策・提案に繋がった時は、密かに「やった感」を感じますね。そんな時にネクタイを緩めて味わうビールは格別です。

白橋 徹也

日通総研のよいところ・魅力について教えてください。

個々の裁量に委ねられている部分が大きいところでしょうか。当然、将来の自分に対する責任を伴った自由ではありますが。あとは、「自分が会社の看板を背負っている」「自分の名前を売って生き抜きたい」といった気概を持った者が実は多かったりするところも、隠れた魅力だと感じています。

これから入社される方に期待すること・メッセージ・これからの目標など

冒頭で私が当社を選んだ理由をお伝えしましたが、今思い返すと最終的には面接時に対面できた「人」の印象で入社を決断したと思います。逆に、採用に向けて判断をさせて頂く当社にとっても面接に来られた方と一緒に仕事ができそうか、といった観点が結果的には大きなウェイトを占めると思います。ですから、面接の際には当社で日頃業務に奮闘しているメンバーを出来るだけ参加させたいと思っています。是非気兼ねなく会話をして頂き、当社の「人」を知り、その魅力を感じて欲しいです。新しい仲間と一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。

白橋 徹也

other interview

Flow

日通総研キャリア採用にエントリーする

page top