キャリア採用サイト

MENU

「創って・作って・売る」
新しいことに
チャレンジできる

千田 裕士YUJI SENDA

Advanced Technology Unit
Consultant

入社年度:2015年入社
前職:メーカーでの物流企画・管理担当

当社を選んだ理由・当社でどんなことがやりたいと思ったのですか?

物流のコンサルティング会社が手掛ける新規事業に興味を持ったことがきっかけです。前職で培った物流知識と経験を活かしながら、「創って・作って・売る」このすべてのパートに携われるところに魅力を感じました。ふつう、企業では企画・開発・営業と、部署ごとで業務の役割が細分化されていることが多いかと思いますが、日通総研では、少人数体制で臨んでいるということもあり、業務全体に携わって進行することができます。

 

学生時代から、将来的にはコンサルタントとして仕事をしたいと考えていたので、新規事業の担当として幅広い知識を身に付けながら、コンサルティング業務にも携われる環境は、私にとって最適だと感じました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

当社の新規事業「ろじたん」(スマートデバイスを活用した物流倉庫の活動改善支援ツール)の企画から営業、開発、管理、カスタマーサポートまで、事業全般に係り業務を行っています。具体的には、開発に伴うプログラムや設計書を書いたり、お客様に商品のプレゼンテーションをしたり、「ろじたん」を使っていただいたお客様の更なる業務改善に向けた提案をすることもあります。正に社内ベンチャーですね。お客様は全国にいらっしゃいますので、必然的に私も全国を飛び回っています。

interview03-img01

どんなところにやりがいを感じますか?

自分自身の考えや判断を反映させて業務の進行ができるところにやりがいを感じています。もちろん、上司からダメ出しされることもありますし、独断で進めるということではないのですが、任されている部分も多くあります。日通総研に入社して間もないうえに、年齢的にもまだ若く経験の浅い自分に多くの業務を任せてもらえることには、「ここまでやらせてもらえるのか!」と驚きました。その分、責任の重圧もありますし、何度か失敗したこともありますが・・・。しかし、そのような経験を重ねることで、自分のできることの範囲が広がっていき、自分自身の成長を実感できています。

日通総研のよいところ・魅力について教えてください。

スピード感を持って仕事に取り組めるところがよいところだと思います。あれこれとリスクに捕らわれ立ち止まっているよりも「まずやってみる」という風土があり、それは自分に合っていますね。新規事業を担当しているからこそ一層強く感じるのかもしれませんが、プランを実行に移すかどうか、判断には長い時間を掛けず、着手できるとことはすぐにでも進めていくという感じです。スピードを保ちながら如何に高い価値を提供できるかということを、日々試行錯誤しています。新しいことにスピーディーにチャレンジできること、これが日通総研の魅力ではないでしょうか。

interview03-img02

これから入社される方に期待すること・メッセージ・これからの目標など

自分のやりたいことのビジョンをしっかり持ち、チャレンジ精神のある方が入社してくれることを期待しています。日通総研は社員一人ひとりが個性豊かで、他の誰にも負けないスキルを持っていたり、強いこだわりを持っていたりする人が多いです。与えられた仕事をなんとなくこなすというよりは、強い意志を持った人の方が活躍できるのではないかと思います。年齢や経験に関係なく仕事を任せてもらえる環境がありますし、困ったときには頼りになる先輩社員の方々が助けてくれますので、特に若い方には失敗を恐れずチャレンジしていただきたいと思います。

other interview

Flow

日通総研キャリア採用にエントリーする

page top