キャリア採用サイト

MENU

先輩方の得意分野から
吸収する事はスキル
向上の一番の近道

二村 晃史AKIHITO FUTAMURA

リサーチ&コンサルティング ユニット3
コンサルタント

入社年度:2017年入社
前職:メーカー系物流子会社

当社を選んだ理由・当社でどんなことがやりたいと思ったのですか?

父がメーカーで開発の仕事をしていた関係で、小さい頃からよく父が開発した製品を見ていました。そんな影響からか、私自身も何か自身で考えた事を形にし、世の中に提供出来る様な仕事をしたいと考えていました。

前職では物流会社に勤めており、社内の業務改善やシステムの仕様構築など、仲間と協力しながら自身で考えた事を形に出来る決して不満のある環境ではありませんでしたが、社内に限らず、もっと広く世の中に関わる事の出来るフィールドで仕事をしたいと思い、前職で得た経験を活かしつつ、長くシンクタンクとして様々な企業と関わりのある当社で働きたいと思いました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

お客様からのご依頼により内容は様々ですが、企業の物流戦略策定やグループ内物流の最適化といった従来の物流を根幹から変える内容であったり、新たな物流センター・業務立ち上げに伴う業務改善・可視化といったプロジェクトを担当していました。

最近では、物流現場において人手不足や更なる物流効率の向上といった課題に対応する為、最新の技術情報を得たい、あるいは実際にそれらの技術を現場に導入したいといったニーズが増えており、実際にこれまで人でやっていた業務を自動化するプロジェクトも担当しています。

どんなところにやりがいを感じますか?

挙げたらキリがないのですが、『当社を選んだ理由』の中でも申し上げた、私がこんな仕事をしたいと思う軸である「自身で考えた事を形として提供出来る」ところに最もやりがいを感じます。

お客様ご自身で解決出来ない、あるいは第三者の見地からご意見を求められる事が大半であり、お客様のご意見・ご要望があればお伺いしつつ、自分達の考えを展開していく必要があります。そうして提案した内容に対して、お客様から良い反応が得られた時は大変喜びを感じます。更に、提案内容が実際にお客様の基で実行された時は、達成感を感じる瞬間でもあります。

二村 晃史

日通総研のよいところ・魅力について教えてください。

1つは自身の頑張りやアピールによって、色々な事にチャレンジ出来るところです。 例えば、私はこれまで関わったプロジェクトにおいて、お客様から海外の最新技術情報について聞かれる機会が多かったのですが、海外出張経験が無かった上に、そうした知識も全くありませんでした。

そんな中、偶然にも海外の技術展示会視察の社内公募があり、どうしても知識を得たいとアピールしたところ、その視察へ行く事が出来ました。それがキッカケとなりその後、最新技術に関わるプロジェクトにも携わっています。

もう1つは、色々な業種に携われる事です。多岐に渡る業界の情報を得る事ができ、物流に関する知識の引き出しを増やせるのは大変魅力的です。

これから入社される方に期待すること・メッセージ・これからの目標など

私自身にも云える事ですが、色々な情報や知識に興味を持ち、吸収しようという姿勢がとても重要で、これから入社される方にも期待する事です。先程申し上げた通り、当社ではとにかく色々な内容・業種の案件があります。情報量は凄まじく、私自身もついていくのに精一杯な時がありますが、必死についていけば短期間で多くの知見を得る事が出来ます。

また、当社では様々な得意分野を持った先輩社員の方がいます。そうしたやり方をよく見て、吸収する事は自身のスキル向上の為の一番の近道です。そうして足りないところも補完し、互いに協力しながら組織として更に当社が強くなる様にして行きたいです。

二村 晃史

other interview

Flow

日通総研キャリア採用にエントリーする

page top